お知らせ

お知らせ

碧南市 S様邸 門柱工事

月日の流れがはやい!!

私は今、もう6月13日だということに腰を抜かしました。

ついこの前、「もうすぐ6月かぁ」としみじみしていたのに。

何故かわかりませんが、本当に一瞬の2週間でした。

こうしている間に一か月が過ぎ、20代が終わり、アラフォーになり、気づいたら年金をもらってるんでしょうね。

 

時間の流れ方って、面白いと思いませんか?

例えば、デスクワーク中、会議中、勉強中。

1時間が、1年のように長く思えます。

でもそんな毎日を繰り返していると、1週間は秒のように過ぎていくもの。

その一方で、全く知らない場所に旅行に行ったとき。

一日が終わるころには、「今日も、本当にあっという間だったなぁ」と思います。

でも旅行の最終日、「あっという間だった」はずの毎日を振り返ると、はるか昔のように思えるんです。

長いようで短い。短いようで長い。

この感じ方の違いは、一体どこから生まれているんでしょうか。

それをコントロールするにはどうしたらいいのでしょうか。

脳って面白いですねぇ。

 

 

さて、そんな私が「ついこの前」図面を書いた、碧南市のS様邸。

今週、門柱工事が行われました。

S様邸の門柱は、タイル張りの造作門柱。

 

使用しているタイルは、INAXの「HAL-420 STC-BS2N」という石調タイル。

一様でない石模様が特徴的な、磁器質タイルです。

表札部分だけ、サンワカンパニーの「ニューマジスカブラック」を使用しています。

攻めた名前の割に、見た目はシックで落ち着いたタイル。

マットなブラックが、門柱全体のいいアクセントになっています。

デザイン性の優れる機能門柱もたくさんありますが、やはり造作門柱の高級感には及びませんね。

一目見たらわかる高級感と、お家の顔と呼ぶにふさわしい重厚感。

 

写真をよく見ると、タイルをあえて凸凹貼っているのが分かります。

こちらの方がわかりやすいでしょうか。

造作門柱は重厚感がある分、のっぺりとした野暮ったいイメージになってしまいがちなんです。

でもS様邸門柱は、この凹凸によって彫の深いデザインに。

陰影が付くだけで、一層におしゃれになりますね。

 

S様邸は、お家も外構もモノトーンで統一されています。

来週は、カーポート工事が行われる予定。

また進捗をお伝えします!

 

 

モノトーンっていいですよね。

モノクロ映画とかも、独特の雰囲気があってお洒落。

脳には「経験則」というはたらきがあります。

一度何かを見ると「イメージが染みつく」ことってありますよね。

脳は、過去の経験をもとに物事を予測することで、省エネ運転をしているそうです。

でも、吹き替え版の声が思ってたのと違う、など、先入観が邪魔をすることもしばしば。

その点モノクロ映像は、自分で色を想像しながら見ることができます。

過去の経験や先入観の影響を受けない、ということ。

その面白さがあるからこそ、色あせない名作が沢山あるんでしょうね。

 

私の中で、モノクロ映画の代表作は『ローマの休日』。

ストーリーや俳優も素晴らしいですが、モノクロだからこそ愛されているのかもしれません。

恐るべき、モノクロ。

凄まじき、白黒。

明日の服は、モノトーンで決まりですね。