お知らせ

お知らせ

碧南市 S様邸 仕上げ工事

昨日、2024年7月3日。

新紙幣の発行が開始されました!

私の場合、お札の価値を知った頃には、すでに現在の紙幣が流通。

なので、紙幣が変わるというのは、ほぼ初めての経験です。

新しい紙幣を手にするのが楽しみすぎて、夜しか寝られません。

まぁ札が変わったからといって、別に所持金が増えるわけではないんですけど。

 

さて今回の改刷で、お札のメンツが変わりました。

自称「一万長者」の私が一番お世話になるであろう千円札は、野口英世から北里柴三郎へ。

お疲れ野口。

よろしく北里。

髪の毛がもっこりした五千円札は、樋口一葉から津田梅子へ。

梅子さんになり、もっこりレベルがさらにアップ。

我が財布にあまり遊びに来てくれなかった福沢諭吉は、渋沢栄一と交代。

渋沢様。

ご一行でのお越しを、心よりお待ちしております。

 

 

今回の紙幣は、最先端の偽造防止技術が詰め込まれたお品だそう。

3Dホログラム(横から見ると立体で見えるアレ)が世界で初めて採用されたり、透かしがより高精細なものになったり。

日本の偽札防止技術は、世界でも最高水準とのことです。

もともと高い技術がさらに上書きされていくので、少しやりすぎ感も否めませんが…。

でもその技術が、日本の経済の基盤になってますもんね。

私もぜひ、そんな技術を身に着けたいものです。

 

ちなみに私は、喉の痛みを軽減させる独自技術を持っています。

仕組みは簡単。

口蓋垂(通称:喉ち〇こ)の2cmくらい下で喉を閉じて、奥の方で「コーーーー」と空気を籠らせるかんじ。

どうです?

意味わかんないでしょう?

だから、私だけしかできない技術なんです。

これは間違いなく、世界に誇れる技術といえるでしょう。ええ。

でもこの技術、実は諸刃の剣。

一歩間違うと、食べたものがリバースします。

ご注意あれ。

 

 

さて、S様邸の仕上げ工事が完了しました。

まずは、手摺の取付工事。

玄関ポーチの写真。

ポーチと砂利の間に、手摺がつきます。

手摺を取り付けるには、「コア抜き」という工事を行います。

簡単に言うなら、穴あけ工事のこと。

コアドリルと呼ばれる工具を使って、綺麗な丸穴をあけます。

そこに手摺を勢いよく突き刺し、モルタルで固定。

こうして手摺が完成します。

 

お次は表札工事。

これは簡単。

ヒョイッと持って、テイッとすれば

完成です。

個人情報保護から表札全体は写せませんが、モノトーンの中に光るゴールドの差し色。

抜群の高級感です。

表札上部にはLIXILのラインライトも設置(写真中、白くなっているものです)。

夜映えも間違いないでしょう。

 

これにて、S様邸の工事はすべて完了!

お引き渡しが完了し、一安心です。

弊社へのご注文、ならびに撮影協力、本当にありがとうございました!

 

 

日本は、職人の技術も高いですからね。

だって、モノづくりの先進国ですから。

のどの痛みを軽減させる術だなんやら言ってないで、私もモノづくりの技術を学んだほうがよさそうですね。

何がいいだろう…。

のどの痛みを軽減させる装置とか??