お知らせ

お知らせ

碧南市 S様邸 土間コン打設

ついに東海地方も梅雨入り。

今年の梅雨入りは、半月ほど遅かったようです。

梅雨入りと同時に、湿度上昇、熱中症指数上昇、活力下降、覇気下降などなど。

今週だけで、季節の変化を一気に感じました。

そして今年はすでに、各地で猛暑日が続出。

梅雨時に36℃とか、ほんとに何を考えてるんでしょうんね。

ネチネチ嫌味っぽくてキレやすいとか、最悪じゃないですか。

嫌われるからやめた方がいいよ?地球。

 

 

36℃と聞いて思い出しました。

「不感の湯」ってご存じですか?

簡単に言えば、温度が36℃ほどのぬるいお風呂のことです。

体温にかなり近いから、熱いとも冷たいとも感じない、だから「不感」と呼ばれているんだそう。

銭湯で実際に試してみたんですが、本当に何も感じない、不思議な感覚でした。

ストレスがかからないためリラックスでき、疲れもとれ、最高!フォー!!

 

でもふと考えると、36℃って、外気温ならめちゃくちゃ暑いですよね。

でもお風呂だと、何も感じない。

例えば、100℃近いサウナ(空気)は火傷しないのに、100℃の熱風呂(液体)は火傷しますよね。

これは、空気の方が熱を伝えにくいから。

でもこの場合、外(空気)は暑いのに、不感湯(液体)は熱くない。

矛盾してるように思えませんか??

「たしかに」と思った方。

いいセンスしてますよ(何様?)。

科学の沼へようこそ。

 

 

さて、まだそこまで暑くなかった先週、S様邸にて土間工事が行われました。

おさらいです。

土間コンクリートとは、平面的に打設されたコンクリートのこと。

(コンクリートを流し込むことを、界隈では「打設」といいます)

まずは型枠を組み立てます。

コンクリートはひび割れしやすい材料。

そのため、小さなエリアにわけてコンクリートを打設していきます。

このように、合計5つのコンクリートの面が出来上がるわけです。

 

ここに、コンクリートを流し入れます。

ドバドバドバーー

べちゃべちゃべちゃー

打設直後のコンクリートは、もちろんドロドロ。

その表面を、職人方が「金ゴテ」と呼ばれる道具でならしていきます。

このように、全て手作業。

これを、丁寧かつ相当なスピードでこなしていく職人方。

熟練の手さばきです。

 

このような地道な作業を経て…

こうなるんですね。

 

そしてこれらが固まると…

こうなるんです。

美しい空間になりました!

仕事に熟練した職人方の働き、感謝です!

 

残す工事は、2つ。

玄関ポーチに手摺がつき、門柱に表札がつく。

来週、その様子をお伝えします。

完成が待ち遠しいですね。

 

 

不感湯の話をしていたら、温泉に行きたくなってきました。

ジメジメする日や真夏日の風呂は、最高のストレス発散方法。

体も心もサッパリします。

さらに言えば、一人も楽しいですが、人数が倍増すれば楽しさも倍増。

大人数なら、不感の湯なんて半日以上入れます。

でも、流石に風邪をひきそう。

そうなったら不感じゃなく、悪寒の湯ですね。

そもそも、そんな長時間入るのはマナー的にNGでしょうか?

そうなったら不感じゃなく、アカンの湯ですね。

 

楽しめることを探して、梅雨時も元気に乗り越えましょう!