お知らせ

お知らせ

お花畑

突然ですが

私は中学生のころ、技術の授業が大好きでした。

それはなぜか。

以下の理由が考えられます。

・モノ作りが大好きだった

・手先が人並に器用だった

・先生との相性が良かった

まあ、ざっとこんな感じです。

③に関しては、技術の先生が好きだったというより、家庭科の先生が心底苦手だっ…..

(^o^)//

え?何も言ってませんよ?

 

話は戻りまして。

昔から頭はお花畑でしたが、モノ作りは大好きだった私。

実際、幼少期は毎日レゴブロックで遊んでいました。

そんな私が初めて大工道具を手にしたのが、中学生の技術の授業。

その中でも特に、かんなにドはまりしたのを思いだします。

橋本環奈にドはまりした時期もありましたが、今言っているのは、木を削る方のかんなです。

薄く、長く削れた時の爽快感が、とにかくツボ。

木をすり減らしている時は、家庭科と違って気はすり減らさないでよかったので、楽しかったですね。

はい。

 

 

少し前、弊社の打ち合わせ室を除くと、こんなものが。

これは、私が愛したかんな台じゃないですか!

最近巷では、「かんなくずアート」たるものが話題に。

かんながけをした際に発生したゴミを、せっかくならアートにしてしまえ!というものです。

ググってみると、それはそれは綺麗で精巧な作品がわんさか。

テレビで取材されたり、ワークショップが開催されたりもしているようです。

無駄なく資源を利用し、作る喜びをみんなに与え、営業にもなる。

これは乗るしかない、という営業部のしたたかさが垣間見られますね。

 

でも奥さん、所詮素人レベル。微妙なんじゃないの??

奥が、ウイスキーを飲みながら、夜な夜な一人で練習をした大工さんの作品。

手前は、見よう見まねでそれをパクった私の作品。

割と良くないっすか?奥さん。

しかもこれ、かなり楽しいです。

しかも必要なのは、かんな、かんな台、木材のみ。

こんなのどの家にでもありますよね!!

ね!!

 

もしかすると、今後の弊社のワークショップでも採用されるかも。

そうなったら、ぜひ皆さんお越しください。

一緒にお花畑を作りましょう。